いつまでも快適に暮らすために外壁塗装を行おう。

家が傷む原因

防水性の低下

住宅街を歩いていると、さまざまな家を見ることができます。まだ建てられたばかりの新しい家もあれば、見るからに古そうな家も見ることができます。家が新しいか新しくないかの区別としては、その様式もあげられますが、「外壁」もあげられるのではないでしょうか。
外壁が汚れておらずキレイであれば、その家はまだ新しいのだと感じることができますが、外壁が汚く汚れていれば、その家は築年数が経っているのだと感じられるのではないかと思います。実際に、外壁の汚れとは築年数が比例しており、築年数が経てば経つほど、汚く汚れてしまっているのではないでしょうか。
また、築年数が経った家とは、家のあちこちに傷みが生じてしまします。特に外壁の傷みはひどく、中には外壁にヒビが入っている家も見ることができるのではないでしょうか。
家が傷んでしまう原因には、主に二つの原因があげられます。

強度の低下

家が傷んでしまう原因の一つに、「防水性の低下」があげられます。外壁にはもともと防水加工が施されていますが、築年数が経つことでそれが低下してしまうことにより、雨水が外壁に浸透しやすくなり、傷んでしまうのです。
しかしそれは、外壁塗装を行なうことで改善させることができます。外壁塗装を行えば、低下した防水性を蘇らせることができるため、雨水に強い外壁を取り戻し、家を守ることができるのです。

家が傷んでしまう原因の一つに、「強度の低下」があげられます。外壁とは、もともと強度が強く保たれていますが、築年数が経つことで防水性が低下することにより、その強度も低下してしまうのです。
しかし外壁塗装を行えば、低下した強度を回復させることができます。外壁塗装とは、家の健康を守る上で欠かせないリフォームとなっているのです。家の健康を維持したいなら、外壁塗装を行いましょう。