いつまでも快適に暮らすために外壁塗装を行おう。

得られる効果

防水性アップ

外壁塗装を行なうと、外壁には、家を守るためのさまざまな効果を得ることができます。
外壁塗装を行なうことによってまずあげられる効果として、「防水性のアップ」があげられます。もともと外壁には、雨水などが浸透しないように防水加工が施されていますが、それは築年数が経つと共に効果は低下してしまいます。それにより雨漏りが生じるようになり、それが腐敗の原因となってしまうのですが、定期的に外壁塗装を行ない低下した防水性を蘇らせることによって、家の健康を守ることができるのです。

強度アップ

外壁塗装で得られる効果の一つに、「強度のアップ」があげられます。外壁とは、築年数が経つと共に強度の低下も見られます。外壁の強度が低下してしまえば、腐敗の原因にもなりますし、何よりも安心して暮らせなくなってしまいますよね?
外壁塗装を行えば、塗装する前に下処理として補強工事も行われることから、低下してしまった強度を回復させることができるのです。

セルフクリーニング効果

外壁塗装に使用する塗料の中には、防水性などで外壁を保護する効果の他に、付加効果を持つ塗料もたくさん存在しています。
その中でも、近年特に人気を集める塗料として、自分で自分を掃除する「セルフクリーニング効果」がある塗料があげられます。

遮熱効果

付加効果のある塗料の中でも人気が高い塗料として、「遮熱効果」のある塗料もあげられます。
遮熱効果のある塗料とは、エアコンなどの冷暖房設備などの利用を減らすことができ、お財布にも地球にも優しい塗料となっているのです。