いつまでも快適に暮らすために外壁塗装を行おう。

我が家を守るために

使われる主な塗料

築年数が経つにつれて老朽化が進み、あちこちが傷むようになってしまう「家」ではありますが、それを放っておくと家の老朽化はどんどん進み、快適に暮らせなくなってしまうことがあげられます。雨漏りがするようになったり、床がギシギシ音を鳴らすようになったり、終いには床が抜け落ちてしまったりと、安心して生活を送ることが困難になってしまうのではないでしょうか。
それを防ぐためには、老朽化が進んでしまう前にしっかりとケアをする必要があります。
その方法にはさまざまなケア方法があげられますが、その一つに「外壁塗装」があげられるのです。外壁塗装とは、家の健康を守るためのリフォームの中でも重要なリフォームとなっています。

外壁塗装に使用される塗料には、さまざまな種類の塗料があげられます。その数とは熟練した職人でも把握しきれないほどの数となっており、かなり多くの種類が存在しているのです。
しかし、それを大きく分類すると、アクリル性の塗料とウレタン性の塗料、シリコン性の塗料とフッ素性の塗料に分けることができます。それぞれに耐用年数は異なり、それに応じて料金にも違いが見られます。
外壁塗装に使用される塗料の中でももっとも高額な塗料をあげると、それは「フッ素性」の塗料であり、もっとも安い塗料をあげると、それは「アクリル性」の塗料となっています。その分フッ素性は高額な費用がかかり、アクリル性は安い費用となっているのです。